転職活動は何から始めればいい?失敗しないための転職の進め方を徹底解説!

転職活動は何から始めればいい?

転職活動を初めて行う場合、何から準備すれば良いのか分からないという方も多いでしょう。何となく活動を進めているだけでは、時間と労力が掛かるだけで、採用への道のりは遠のいてしまいます。

転職活動には、就職活動とは異なる流れと押さえておきたいポイントがあります。

ここでは、転職活動で準備すべきこと、配慮する点、全体の流れなどについてご紹介していきます。

転職活動の平均期間は2か月~3か月

tenshoku-nagare_1

転職したいと考え、実際に活動をする期間の平均は2か月~3か月と言われています。転職活動は、年齢や業種によっても、期間にバラつきが多く、1か月~2か月ほどで転職先が決まりやすい業種から、半年ほど掛かるケースも見られます。

業種の中でも慢性的な人手不足となっている、建設業やIT関連業種、保育・介護関係は転職先が決まりやすい傾向にあります。

また年齢が上がるほど、転職先が決まりにくいと言われており、該当する年代の方は、転職活動が長期戦になる事を覚えておきましょう。

転職活動の全体的な流れ

続いて転職活動の基本的な流れを見ていきます。

スクリーンショット 2022-08-26 10.03.36

自己分析

転職を考えたら、初めに行いたいのが自己分析です。今まで培ってきたスキルや能力をはじめ、こだわりや得意とするところ、苦手なこと、長所や短所などを分析します。

分析を行う際は、専用シートなどを用いて実際に書き出して行くことをオススメします。書き出すことで、客観的に振り返ることが出来るメリットがあるためです。

転職活動したいと思った理由、前職を選んだ基準、転職先を決める上での条件や方向性、転職後に実現したいことなどは、面接時に聞かれる可能性が高いです。

転職活動を勧めていく上で、方向性を定めるためにも、自己分析には時間を掛けてしっかりと行いましょう。

情報収集

次に必要なのが、情報収集です。自己分析と照らし合せて業種や勤務場所など、条件に見合う企業を探していきましょう。

それと同時に、自分が希望する企業や業種などで、どのような条件の採用情報が出ているかも調べます。

完全に自分の条件に合う企業を探すことは難しいので、優先順位を決め企業HPや転職サイト、SNSなどを元に情報を集めていきます。

応募先の決定

自己分析と企業情報を集めたら、応募する企業をピックアップしてきましょう。条件や自己分析を見ながら、優先順位を定めていきます。

実際にエントリーしても、書類選考の段階で落とされてしまう場合もありますし、人気の企業であれば、早々に募集を終了してしまう企業もありますので、応募締め切りにも注意が必要です。

履歴書・職歴書の作成

情報収集と同時に行いたいのが、履歴書や職歴書などの書類の準備です。履歴書はPCで作成しても、手書きで作成しても良いでしょう。

PCで作成し、一度保存しておけば、複数の企業へ応募する場合に便利ですが、手書きの方が企業の方へ熱意が伝わりやすいというメリットがあります。

また、企業から用紙を指定される場合がありますので、注意しておきます。

PCで作成する場合も、各大手サイトから、履歴書や職歴書の無料テンプレートが出ておりますので、利用すると便利です。

応募

応募先が決まり、履歴書や職歴書が作成出来たら、実際に応募していきます。まずは応募に先立って企業HPに採用ページなどから登録してきます。

求人広告や転職サイトであれば、応募ページに必要事項を登録します。SNSでは、採用専用ページがあれば、そこからアクセスを行います。

登録後は、履歴書や職歴書を準備し、企業からの返事を待ちつつ書類選考や面接へ備えましょう。

書類選考および面接

企業から電話やメール、SNS上でメッセージが来たら、指示に従い、必要書類を準備します。もし履歴書や職歴書を郵送と指定された場合、誤字脱字の確認をはじめ、写真の貼り忘れに注意しましょう。また切手の貼り忘れや料金不足にも注意が必要です。

書類選考送付後は、企業からの連絡がいつでも受け取れるようにしておく必要があります。書類選考通過の連絡がありましたら、面接のスケジュールを開けて置き、出来るだけ早い段階で面接を受けるようにしましょう。

書類選考から面接まで応募者の都合で長い期間空いてしまいますと、入社の意思があるのか疑問に思われたり、他の方に決まってしまったりする心配がありますので、すみやかにスケジュール調整を行います。

採用合否決定

面接後は書類選考時を同じく、企業からの合否連絡がいつでも受けられる状態にしておきます。業務中で電話などの連絡が受けられなかった時は、気が付いた時点ですみやかに折り返し連絡を入れます。

担当者が不在の場合は、伝言をお願いし、担当者の帰社時間を聞き、あらためて掛け直しましょう。

もし、複数の企業から採用連絡を貰いどの企業へ行くか迷っている場合や、第一希望企業からの連絡を待っている場合は正直に担当者へ打ち明け、いつまでに回答すれば良いのか、期限を聞きます。その際は必ず担当者に直接問い合わせましょう。

また、採用辞退をする場合は、出来るだけ早めに連絡をし、回答を待って貰っている場合では、期限内に連絡をするのがマナーです。

前職の退職準備と引継ぎ

無事に採用連絡が来ましたら、いよいよ前職の退職と入社に向けて準備してきます。

まずは、上司に退職の意思を告げ、退職願いを出します。その後、マニュアルの整備や引継ぎ等を行います。

退職前に有給消化をしたいと考えている場合は、転職活動と同時に仕事の整理をしておきましょう。ただし、次の職場の入社日が迫っている場合、希望どおりに有給消化が出来ない事もあります。

有給休暇は労働者の権利でもありますが、退職日が切迫している場合は、引継ぎをしっかり行い、後任者が困らないようにしておく必要があります。

また、退職を引き留められる、退職日を延ばせないか相談を持ち掛けられるケースもありますが、入社日が変わってしまうと、転職先に迷惑が掛かることになりますので、引継ぎはしっかりと、退職日の延長や引き留めはハッキリと断りましょう

転職活動を円滑に進めるためのポイント

tenshoku-nagare_2

転職活動全体の流れが理解出来ましたら、転職活動をスムーズに進めるためのポイントをご紹介致します。

ゴールを決めよう

転職活動の成功には、「転職後にどうなりたいか」という目標を定めることが大切です。これは、面接で志望動機として聞かれることでもありますので、明確にしておく必要があります。

漠然と今の会社の人間関係や残業などの不満から脱却したい、ということではなく、転職先で自分がどのような成果を上げたいのか、貢献したいこと、転職後の生活などを、具体的な目標として挙げましょう。

例えば、残業や休日出勤が減ることで、新たな資格取得にチャレンジしたいと考えているなどプラスになりそうな事を考えてみます。

そうすることで、面接でも志望動機について、自信を持って告げる事ができ、転職先へ良い印象を与えます。

期限を定めよう

転職活動の平均活動期間は2か月~3か月ほどで、長くても半年くらいの方が多いです。その中で自己分析と情報収集し、複数の企業へ応募と面接を同時進行で行って行きます。

在職中の人は、現職の業務との兼ね合いも考えなければなりません。閑散期に活動をスタートしても、長期戦になってくると繁忙期と重なってしまうことや、疲れから体調を崩してしまうこともあるでしょう。

まずは活動期間を定め、期限内に転職先が決まらなかったり、活動に疲れを感じたりした時は、一旦お休みし、体制や体調を整えて再スタートしましょう。

条件の優先順位を決める

転職活動は、未来の生活のために行う大切な活動ですから、出来るだけ希望する条件にピッタリの場所を探したいと思う人がほとんどでしょう。

ただし、100%条件に合う企業は見つからないと考えた方が無難です。転職の条件として優先順位を決めていき、妥協ポイントを見つけましょう。

転職活動でNGな行動

tenshoku-nagare_3

転職を行う際に避けたい行動をとまとめました。

計画や目標を立てずに活動を行う

転職したい気持ちや現職から離れたい一心で、計画を立てずに勢いで活動を行う事はやめましょう。

まずは活動の期限を定め、今までの職場や学生時代に身に着けたスキルや資格、能力をまとめると共に、自分の長所や短所を客観的に見つめ直し、しっかりと企業情報を集め、目標を掲げます。

転職活動で、すぐに結果が出る人は少なく、長期戦になる場合もあります。焦りから希望職種とは違う企業に決めてしまうと、長続きせず、早期離職に繋がりかねません。

転職活動は、今後の生活を左右する大切な活動ですから、目標や計画を立て、11つクリアしてきましょう。

面接の無断欠席

転職したい気持ちや現職から離れたい一心で、計画を立てずに勢いで活動を行う事はやめましょう。

まずは活動の期限を定め、今までの職場や学生時代に身に着けたスキルや資格、能力をまとめると共に、自分の長所や短所を客観的に見つめ直し、しっかりと企業情報を集め、目標を掲げます。

転職活動で、すぐに結果が出る人は少なく、長期戦になる場合もあります。焦りから希望職種とは違う企業に決めてしまうと、長続きせず、早期離職に繋がりかねません。

転職活動は、今後の生活を左右する大切な活動ですから、目標や計画を立て、11つクリアしてきましょう。

自分のペースにあわせた応募数の調整が出来ない

転職したい気持ちや現職から離れたい一心で、計画を立てずに勢いで活動を行う事はやめましょう。

まずは活動の期限を定め、今までの職場や学生時代に身に着けたスキルや資格、能力をまとめると共に、自分の長所や短所を客観的に見つめ直し、しっかりと企業情報を集め、目標を掲げます。

転職活動で、すぐに結果が出る人は少なく、長期戦になる場合もあります。焦りから希望職種とは違う企業に決めてしまうと、長続きせず、早期離職に繋がりかねません。

転職活動は、今後の生活を左右する大切な活動ですから、目標や計画を立て、11つクリアしてきましょう。

内定には期限がある

転職したい気持ちや現職から離れたい一心で、計画を立てずに勢いで活動を行う事はやめましょう。

まずは活動の期限を定め、今までの職場や学生時代に身に着けたスキルや資格、能力をまとめると共に、自分の長所や短所を客観的に見つめ直し、しっかりと企業情報を集め、目標を掲げます。

転職活動で、すぐに結果が出る人は少なく、長期戦になる場合もあります。焦りから希望職種とは違う企業に決めてしまうと、長続きせず、早期離職に繋がりかねません。

転職活動は、今後の生活を左右する大切な活動ですから、目標や計画を立て、11つクリアしてきましょう。

まとめ

今回は、転職活動の流れや準備の仕方、配慮すべきことなどを中心にご紹介してきました。

転職活動におけるポイントは、準備と目標設定、優先順位を決める事です。

実際に活動を始めると、書類の送付や面接などで、忙しくなるため、活動を効率的に行うには、自己分析や情報収集といった準備が、カギを握ります。

転職活動を初めてする方や、活動の仕方で悩んでいる方は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

転職活動は何から始めればいい?失敗しないための転職の進め方を徹底解説!

転職活動は何から始めればいい?

転職活動を初めて行う場合、何から準備すれば良いのか分からないという方も多いでしょう。何となく活動を進めているだけでは、時間と労力が掛かるだけで、採用への道のりは遠のいてしまいます。

転職活動には、就職活動とは異なる流れと押さえておきたいポイントがあります。

ここでは、転職活動で準備すべきこと、配慮する点、全体の流れなどについてご紹介していきます。

転職活動の平均期間は2か月~3か月

tenshoku-nagare_1

転職したいと考え、実際に活動をする期間の平均は2か月~3か月と言われています。転職活動は、年齢や業種によっても、期間にバラつきが多く、1か月~2か月ほどで転職先が決まりやすい業種から、半年ほど掛かるケースも見られます。

業種の中でも慢性的な人手不足となっている、建設業やIT関連業種、保育・介護関係は転職先が決まりやすい傾向にあります。

また年齢が上がるほど、転職先が決まりにくいと言われており、該当する年代の方は、転職活動が長期戦になる事を覚えておきましょう。

転職活動の全体的な流れ

続いて転職活動の基本的な流れを見ていきます。

スクリーンショット 2022-08-26 10.03.36

自己分析

転職を考えたら、初めに行いたいのが自己分析です。今まで培ってきたスキルや能力をはじめ、こだわりや得意とするところ、苦手なこと、長所や短所などを分析します。

分析を行う際は、専用シートなどを用いて実際に書き出して行くことをオススメします。書き出すことで、客観的に振り返ることが出来るメリットがあるためです。

転職活動したいと思った理由、前職を選んだ基準、転職先を決める上での条件や方向性、転職後に実現したいことなどは、面接時に聞かれる可能性が高いです。

転職活動を勧めていく上で、方向性を定めるためにも、自己分析には時間を掛けてしっかりと行いましょう。

情報収集

次に必要なのが、情報収集です。自己分析と照らし合せて業種や勤務場所など、条件に見合う企業を探していきましょう。

それと同時に、自分が希望する企業や業種などで、どのような条件の採用情報が出ているかも調べます。

完全に自分の条件に合う企業を探すことは難しいので、優先順位を決め企業HPや転職サイト、SNSなどを元に情報を集めていきます。

応募先の決定

自己分析と企業情報を集めたら、応募する企業をピックアップしてきましょう。条件や自己分析を見ながら、優先順位を定めていきます。

実際にエントリーしても、書類選考の段階で落とされてしまう場合もありますし、人気の企業であれば、早々に募集を終了してしまう企業もありますので、応募締め切りにも注意が必要です。

履歴書・職歴書の作成

情報収集と同時に行いたいのが、履歴書や職歴書などの書類の準備です。履歴書はPCで作成しても、手書きで作成しても良いでしょう。

PCで作成し、一度保存しておけば、複数の企業へ応募する場合に便利ですが、手書きの方が企業の方へ熱意が伝わりやすいというメリットがあります。

また、企業から用紙を指定される場合がありますので、注意しておきます。

PCで作成する場合も、各大手サイトから、履歴書や職歴書の無料テンプレートが出ておりますので、利用すると便利です。

応募

応募先が決まり、履歴書や職歴書が作成出来たら、実際に応募していきます。まずは応募に先立って企業HPに採用ページなどから登録してきます。

求人広告や転職サイトであれば、応募ページに必要事項を登録します。SNSでは、採用専用ページがあれば、そこからアクセスを行います。

登録後は、履歴書や職歴書を準備し、企業からの返事を待ちつつ書類選考や面接へ備えましょう。

書類選考および面接

企業から電話やメール、SNS上でメッセージが来たら、指示に従い、必要書類を準備します。もし履歴書や職歴書を郵送と指定された場合、誤字脱字の確認をはじめ、写真の貼り忘れに注意しましょう。また切手の貼り忘れや料金不足にも注意が必要です。

書類選考送付後は、企業からの連絡がいつでも受け取れるようにしておく必要があります。書類選考通過の連絡がありましたら、面接のスケジュールを開けて置き、出来るだけ早い段階で面接を受けるようにしましょう。

書類選考から面接まで応募者の都合で長い期間空いてしまいますと、入社の意思があるのか疑問に思われたり、他の方に決まってしまったりする心配がありますので、すみやかにスケジュール調整を行います。

採用合否決定

面接後は書類選考時を同じく、企業からの合否連絡がいつでも受けられる状態にしておきます。業務中で電話などの連絡が受けられなかった時は、気が付いた時点ですみやかに折り返し連絡を入れます。

担当者が不在の場合は、伝言をお願いし、担当者の帰社時間を聞き、あらためて掛け直しましょう。

もし、複数の企業から採用連絡を貰いどの企業へ行くか迷っている場合や、第一希望企業からの連絡を待っている場合は正直に担当者へ打ち明け、いつまでに回答すれば良いのか、期限を聞きます。その際は必ず担当者に直接問い合わせましょう。

また、採用辞退をする場合は、出来るだけ早めに連絡をし、回答を待って貰っている場合では、期限内に連絡をするのがマナーです。

前職の退職準備と引継ぎ

無事に採用連絡が来ましたら、いよいよ前職の退職と入社に向けて準備してきます。

まずは、上司に退職の意思を告げ、退職願いを出します。その後、マニュアルの整備や引継ぎ等を行います。

退職前に有給消化をしたいと考えている場合は、転職活動と同時に仕事の整理をしておきましょう。ただし、次の職場の入社日が迫っている場合、希望どおりに有給消化が出来ない事もあります。

有給休暇は労働者の権利でもありますが、退職日が切迫している場合は、引継ぎをしっかり行い、後任者が困らないようにしておく必要があります。

また、退職を引き留められる、退職日を延ばせないか相談を持ち掛けられるケースもありますが、入社日が変わってしまうと、転職先に迷惑が掛かることになりますので、引継ぎはしっかりと、退職日の延長や引き留めはハッキリと断りましょう

転職活動を円滑に進めるためのポイント

tenshoku-nagare_2

転職活動全体の流れが理解出来ましたら、転職活動をスムーズに進めるためのポイントをご紹介致します。

ゴールを決めよう

転職活動の成功には、「転職後にどうなりたいか」という目標を定めることが大切です。これは、面接で志望動機として聞かれることでもありますので、明確にしておく必要があります。

漠然と今の会社の人間関係や残業などの不満から脱却したい、ということではなく、転職先で自分がどのような成果を上げたいのか、貢献したいこと、転職後の生活などを、具体的な目標として挙げましょう。

例えば、残業や休日出勤が減ることで、新たな資格取得にチャレンジしたいと考えているなどプラスになりそうな事を考えてみます。

そうすることで、面接でも志望動機について、自信を持って告げる事ができ、転職先へ良い印象を与えます。

期限を定めよう

転職活動の平均活動期間は2か月~3か月ほどで、長くても半年くらいの方が多いです。その中で自己分析と情報収集し、複数の企業へ応募と面接を同時進行で行って行きます。

在職中の人は、現職の業務との兼ね合いも考えなければなりません。閑散期に活動をスタートしても、長期戦になってくると繁忙期と重なってしまうことや、疲れから体調を崩してしまうこともあるでしょう。

まずは活動期間を定め、期限内に転職先が決まらなかったり、活動に疲れを感じたりした時は、一旦お休みし、体制や体調を整えて再スタートしましょう。

条件の優先順位を決める

転職活動は、未来の生活のために行う大切な活動ですから、出来るだけ希望する条件にピッタリの場所を探したいと思う人がほとんどでしょう。

ただし、100%条件に合う企業は見つからないと考えた方が無難です。転職の条件として優先順位を決めていき、妥協ポイントを見つけましょう。

転職活動でNGな行動

tenshoku-nagare_3

転職を行う際に避けたい行動をとまとめました。

計画や目標を立てずに活動を行う

転職したい気持ちや現職から離れたい一心で、計画を立てずに勢いで活動を行う事はやめましょう。

まずは活動の期限を定め、今までの職場や学生時代に身に着けたスキルや資格、能力をまとめると共に、自分の長所や短所を客観的に見つめ直し、しっかりと企業情報を集め、目標を掲げます。

転職活動で、すぐに結果が出る人は少なく、長期戦になる場合もあります。焦りから希望職種とは違う企業に決めてしまうと、長続きせず、早期離職に繋がりかねません。

転職活動は、今後の生活を左右する大切な活動ですから、目標や計画を立て、11つクリアしてきましょう。

面接の無断欠席

転職したい気持ちや現職から離れたい一心で、計画を立てずに勢いで活動を行う事はやめましょう。

まずは活動の期限を定め、今までの職場や学生時代に身に着けたスキルや資格、能力をまとめると共に、自分の長所や短所を客観的に見つめ直し、しっかりと企業情報を集め、目標を掲げます。

転職活動で、すぐに結果が出る人は少なく、長期戦になる場合もあります。焦りから希望職種とは違う企業に決めてしまうと、長続きせず、早期離職に繋がりかねません。

転職活動は、今後の生活を左右する大切な活動ですから、目標や計画を立て、11つクリアしてきましょう。

自分のペースにあわせた応募数の調整が出来ない

転職したい気持ちや現職から離れたい一心で、計画を立てずに勢いで活動を行う事はやめましょう。

まずは活動の期限を定め、今までの職場や学生時代に身に着けたスキルや資格、能力をまとめると共に、自分の長所や短所を客観的に見つめ直し、しっかりと企業情報を集め、目標を掲げます。

転職活動で、すぐに結果が出る人は少なく、長期戦になる場合もあります。焦りから希望職種とは違う企業に決めてしまうと、長続きせず、早期離職に繋がりかねません。

転職活動は、今後の生活を左右する大切な活動ですから、目標や計画を立て、11つクリアしてきましょう。

内定には期限がある

転職したい気持ちや現職から離れたい一心で、計画を立てずに勢いで活動を行う事はやめましょう。

まずは活動の期限を定め、今までの職場や学生時代に身に着けたスキルや資格、能力をまとめると共に、自分の長所や短所を客観的に見つめ直し、しっかりと企業情報を集め、目標を掲げます。

転職活動で、すぐに結果が出る人は少なく、長期戦になる場合もあります。焦りから希望職種とは違う企業に決めてしまうと、長続きせず、早期離職に繋がりかねません。

転職活動は、今後の生活を左右する大切な活動ですから、目標や計画を立て、11つクリアしてきましょう。

まとめ

今回は、転職活動の流れや準備の仕方、配慮すべきことなどを中心にご紹介してきました。

転職活動におけるポイントは、準備と目標設定、優先順位を決める事です。

実際に活動を始めると、書類の送付や面接などで、忙しくなるため、活動を効率的に行うには、自己分析や情報収集といった準備が、カギを握ります。

転職活動を初めてする方や、活動の仕方で悩んでいる方は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

お問い合わせはこちら

0120-938-159

 ©︎ job-up .inc